4年ぶりのマシン改造  2009/07/12

思い起こせばAthlon64の環境へ一念発起して移行したのはこの時、もうすでに4年の月日が流れてしまいました。掲示板のメンバーにチャット状態でご意見伺いながら、DFIのマザーボードとAthlon64をゲットし、Superπ104万桁がようやく35秒を割ったと大喜びしたものでした。

ところがもうすでにWindowsXPの販売が終了してサポートも打ち切られそうな時代になり、いよいよ次代へのアップグレードを考えるようになりました。でも、すぐには取りかかれず、しばらくリハビリ期間を過ごしていましたが、このたびようやく取りかかるエネルギーが出たのでやっちゃいました\(^^)/
今回換装したのはCPU,メモリ、マザーボードの3点セットです

CPU  : AthlonII X2 250 (AM3) 3GHz TDP65W
メモリ : Corsair CM3X1024-1333 DDR3-1333 1GB×2
マザー: Gigabyte MA790XT-UD4P SocketAM3 790X/SB750

板とメモリの割に石がショボイ?というご意見もあるかと思いますが、AM3の石として最新型であると言うこともありますし、またなにより「TDP65W」ここに惹かれたような次第です


 

CPUの写真と、リテールで付属するクーラー



2枚組 1GB×2のCorsairのDDR3-1333メモリ

 

今回のマザーボードと、その付属品

 ↓↓↓

無事換装終了した函体内



ハード的なトラブルもなく、WindowsXPに関しても修復インストールで復活し、ほぼ1日で元にかなり近い環境に戻りました。
当初は(クーラーがリテールでもあり)定格運転させています。


起動時のBIOSFlash画面




ここに至ると、やはりどうしてもやりたくなります。そう、ベンチマーク(^^)

Superπ104万桁はあっさりと26秒を記録。あれだけ35秒切りに苦労したのに・・・・




大失π2は思ったほどのデータが出ず・・・



逆にHDBENCHは無茶なデータが・・・ソフトの限界越えてる?






とりあえずここまでくると、やはり絵板もということに・・・・

なにを採用するかについてはいろいろ紆余曲折あったわけですが(^^;)、最終的に

玄人志向 GF9800GT-E512HD/GE [nVIDIA GeForce9800GT 512MB GDDR3 PCI-E2.0 x16]に。




実はこれでHDBENCHの2Dビデオデータは悪化してしまったんですけど、3DMark06に関しては著明に改善!
これでWindows7スタンバイ、という感じになれたようです・・・・




ちなみに、その他の3Dベンチマークの結果は次の通り

Final Fantasy XI Official Benchmark Ver3.0   Score 10208


Street Fighter IV Benchmark           SCORE: 9079

信長の野望Onlineベンチマーク            383

The Last Remnant ベンチマーク       AverageFPS 90.10

MonsterHunterOnline ベンチマーク       1280*960 5501
                       1600*1200 3699

BioHazard 5 ベンチマーク      38.3fps(1280*960)  評価B 



しかしこれが1年もしないうちに、こんなふうに変遷を遂げるのです・・・・