ここはDrDOCの、高血圧関連と読み物のページです。
Dr.DOCは豊中診療所所長ですが、公式医療生協ページとは異なります。
【フレームが表示されていない場合は、こちらをクリックしてください】


updated at 2009/4/13 Sorry,This Page is only for Japanese.


いろいろ忙しくて更新が滞っています。ご容赦を・・・(__)

2009/04/13  「高血圧スタンダード2009」を掲載しました!
2007/07/01 「おすすめCD」2年ぶりに更新(^^;)「Denim」
2006/02/02
 「タミフルに関するインターネット検索によるトリビア」をアップ
2005/03/02 「おすすめCD」1年ぶりに更新「Precious days」追加
2005/02/19 理事会決定に従いHPの装丁を大幅に変更しました
2005/02/16 高血圧スタンダードを2005年度版にversion-upしました
2004/11/18 Dr.DOCの書いた記事が「いつでも元気」に掲載されました

2004/08/22 MyOpinionも更新しました。特別編はバックナンバー3へ。
2004/05/13 Dr.DOCと同期の小児科医の著書を紹介しています
2004/04/26 MyOpinion「特別編:「責任」は誰がとわれるべきか」掲載しました
2004/03/20 豊中医師会Pcclubの担当課題発表ページを作りました
2004/03/07 「がんばれ!定時制高校存続運動」のページを作りました。
2004/03/02 「おすすめCD」8ページ目作成「ハナミズキ」を追加

2004/02/16 「市は市民から健診を取り上げるのか!」意見広告を載せました
2004/01/25 エッセーコーナー「おすすめCD」に「Dear Friends II」を追加
2004/01/08 大阪民医連版「高血圧スタンダード2004」作成しました!

MyOpinion巻頭版

日本の主権はどこにあるのだろうか・・・

 沖縄の普天間で、ついに起こってはならない事故が起こりましたね。普天間基地を
飛び立ったヘリコプターが、すぐ隣の沖縄国際大学の構内に墜落したというもの。幸
い夏休みで大学構内には人がほとんどおらず、また破片が散らばった周辺でも日本人
のけが人が出なかったというのは奇跡的なことでしたが、事故を目の前で目撃した人
は、いつかは起こる事故だと思っていたと言うコメントを残しておられるくらいです
から、普段からかなり危なそうな飛び方をしていたのでしょうね。

 その事故が起こったこともさることながら、その事故の後に大きな問題が見えて来
ています。完壁に日本の領土内で起こったはずの事故であるにも関わらず、日米地位
協定をたてに米軍が周辺の交通を遮断してまで事故現場を制圧し、現場検証には日本
側を全く締め出したとの由。しかもその検証時には防護服を着て行なわれたと言いま
すから、いったい何があのヘリコプターに積まれていたのだろうかと疑われても仕方
のないところだと思います。

 本日(2004/8/22)になって米軍は市や大学に謝罪をしたということですが、詳細な報告
はされずじまいで、「一応」外務省は口頭で普天間基地の航空機の飛行停止を米軍に
要請したとの由ですが、その内容は弱く一部の飛行は容認する内容だったようです。
それをうけてか事故発生から1週間で米軍はヘリコプターの飛行を再開しています。

 この間、では小泉首相は何をしていたのか?なんと夏休みで歌舞伎を見に行き、ア
テネの金メダリストに電話をして楽しんでいたといいます。本日某番組でもコメン
テータが発言していましたが、そんな時間があるのになぜ直接ブッシュ大統領に電話
して抗議をするというヒマがないのかということになりますね。この状態を許し、事
故の詳細の発表が曖昧になるとしたら、本当に日本の主権はいったいどこにあるのか
と言いたくなってきます。安保条約があるにせよ、日本はアメリカの属国では決して
ないはず。なんとかして欲しいものですね・・・

 


「イラク大量殺戮兵器隠蔽に関する米国よりの証拠提出」に対する緊急声明


ストーカー国家に、ノーを
国民共通番号制に反対する会へのリンクです。私も賛同しています

有事立法法案には絶対反対です!!

「責任」は誰が問われるべきか→My Opinionbacknumberへ
「市は市民から健診を取り上げるのか?」My Opinionbacknumberへ

2001年9月11日発生した米国大規模同時テロに
関してのオピニオンMy Opinionbacknumberへ
テロの犠牲になった方々に対しては
        心より哀悼の意を表します
医療従事者として、多くの生命を
無差別に奪う戦争政策には、どのよ
うな理由があっても絶対反対です!。



哀悼・・・



このページへのご感想、ご連絡は 所長中塚比呂志(dock-nkt@kf7.so-net.ne.jp)まで

このページおよび関連するページは IBM ホームページビルダー9 にて作成されています。