お勧めDVDソフト2

(5)「A.I.特別版」(2002/3/8)
<その1;ゲット>
この間楽しみにしていた「A.I.特別版」が正規の発売日(3/10)を前に今日すでに
店頭に並んでいましたのでゲットしてきました。


パッケージ;左オモテ・右ウラ

初回限定版のパッケージは2枚組で、Disk1が本編とメイキング映像、そしてDisk2
がいろいろな特典映像集で、セットデザイン、特殊撮影の様子や視覚効果、CG、
サウンド効果などの特殊効果の解説、主役オスメント君の談話、そして最後には
監督スティーブン・スピルバーグの「人工知能に対する責任」という談話も入っ
てます。もちろんオリジナル劇場予告編集もあって2枚目のこの特典映像は実に
90分以上にも及びます。

私これはこのDVDを購入して始めて知ったのですが、この「A.I.」の原案は
あのスタンリー・キューブリックで、その構想20年を温めて最後に形にしたの
がスピルバーグ監督だったということです。一人一人だけでも偉大な二人の監督
の思いが重なった形で実現されたこの映画は、それを思うだけで楽しみですね。
原作もかなり前に一度読んでいますが、映像化しづらいところも多かったと思い
ますし、それがどのように実現できたのか見るのがさらに楽しみです。明日の夜
にでも腰を落ち着けてじっくり味わうつもりです。


「特製ミニロピー・カード」左オモテ・右ウラ

なお、この「特別版」のパッケージには、初回特典の一つとして「特製ミニロピ
ー・カード」が入っています。主役の「AI」デビッドが「母親」と話をする有
名な1シーンを幻想的な絵にしたカードで、ウラにはスピルバーグ監督から日本
語での日本語版へのメッセージが載せられています。また購入したお店では、本
来は予約特典で付いているオマケの、「歩くクマさん人形」テディのキーチェーン
も付けてくれました。これはラッキーでした(^^)。


↑テディのキーチェーン

原作も頭においてじっくり鑑賞した暁の感想はまた後日に・・・

発売元;ワーナー・ホーム・ビデオ DL-21330 定価2980円
DISK1;本編143分メイキング12分 16:9LB 2ヵ国語 片面2層ディスク
DISK2;映像特典91分 4:3スタンダードサイズ 英語 片面1層ディスク
(行きつけの「古本市場」にて2680円(税別)にて購入)

<その2;見ました!>(2002/3/10)

先日購入した「AI」のDVDですが、今日は久しぶりに私も休み、息子も試験
が終わって一休みという日でしたので一緒になって見てみました。私自身は昼間
に先に特典映像ディスクの方をPCで覗いて、その特殊映像効果や主役オスメン
ト君の談話、スピルバーグ監督や各スタッフの苦労談を見ていましたので、各々
の場面を見るにもそういった基礎知識が頭に浮かんでいて非常に多彩な見方がで
きましたが、息子の方は素直にSFXの素晴らしさ(特にあの歩き回るクマさん
”テディ”)に感動してたみたいでした(^^)<単純な奴じゃ。


David初登場シーン


↑(両方とも)「愛」をインプットされ、初めてママと呼んだシーン

意識を失い再起の望みのない病気の子供を抱えた夫婦が、その寂しさ悲しさを紛
らせるために「購入」した子供型ロボット「David」はその母親から「愛」をイ
ンプットされるが、その直後に本当の息子が奇跡の回復をきたし、純粋に自分に
与えられた「愛」を人間にも求める彼は徐々に疎んじられついには棄てられてし
まいます。しかし「インプットされた」ものでも余分な感情がないだけ彼の「愛」
は純粋でした。自分がメカだから愛されないと判った彼は、母親の愛を求めて
「人間になりたい」ことを究極の目的として壮大な旅にでます。望みをかなえて
くれるはずの「青い妖精」を見つけたと思った彼はそれが意志のない人形だとは
知る由もなく、水底にしずんだその前で「人間の子供になりたい」と願い続けな
がらついには2000年もの時を過ごすのでした・・・


海底の、そして2000年後に現れた青い妖精へのDavidの願い

そう、このお話はスケールが壮大になってはいますが、おなじみのあの「ピノキ
オ」譚なのです。物語の中でも「母親」から寝物語にピノキオの本を読んで貰っ
た彼が、ずっとそのラストシーンでピノキオが人間の子供になるところをイメー
ジし続けてしまうわけですが、彼の願いはメカを憎む人間たちには踏みにじられ
叶う事はなかったのでした。しかし、人類が滅亡しあとを継いだ未来人間によっ
て「人間になりたい」夢は叶わないまでも、たった一日「ママ」が再生され初め
て彼は母親を独占でき、そして初めて人間の子供らしい至福な時間を経験したと
いうところで映画は終わります。


「ママ」が再生し至福の一日を過ごすDavid。そして別れの時が・・・

「人工知能に愛を持たせてしまったら、人間はその愛に応える事ができるのか?」
というのが究極のスピルバーグの問いかけだとは思います。しかもオスメント君
演じるDavidの求める愛は、いろんな雑音の多い人間のそれとは違ってまったく純
粋です。今こういう形の愛が本当に少なくなっていることも彼は厳しく指摘した
かったのではないかという気がします。しかしわざわざそんな寓意を見出さなく
ても、この作品は現代のピノキオ物語として充分高い価値があると思います。海
底で「人間の子供になりたいんです」と延々と繰り返したDavidの思いが最後にた
った一日叶ったときの彼の本当に幸せそうな表情と、そしてママとの再度の別れ
を前にした涙を見たら、きっと大の大人でも泣いてしまうと思いますよ。私は子
供の前だったのでぐっと我慢しましたけど・・・(^^;)

しかしこんな素晴らしいDVDが3000円せずに買えるハリウッドプライスってス
ゴイっすね・・・


(6)「ダイナソー」 (2002/5/11)

このディズニーの特撮「アニメ」映画は、そんじょそこらのアニメーションと一
緒にしてはいけませんぞ。全く、その手のかかりかたが違う!


なんどとなくTVで予告編も見ていたので、そのSFXの素晴らしさは早くから
知っていたのですが、格安なものが増えて来た最近においては例外的なほど値段
の高かったDVDでしたので(新品は4500円越えてました)なかなか買おうかと
いう気が起こらなかったのですが、先日ふと古本市場で見たらなんと2480円まで
下がってたので思わずゲットしてしまいました(^^)。

昨夜、おもむろに全編通して見てみました。ストーリーはあの恐竜時代であった
中生代に、その恐竜たちが絶滅した原因であったとされる隕石の地上直撃をへて

隕石が空から降って来るシーン

環境の変わってしまった地上を、水を求めて集団で移動する恐竜たちの苦難の道
のりにドラマを描いたものです。主人公は、卵の間に生まれた場所から遠く離れ
たキツネザルの島まで運ばれてしまい、キツネザルの集団に育てられた草食恐竜
イグアノドン。異変ののち独裁的な年長恐竜に率いられた集団に合流するも、そ
←恐竜たちの集団

の集団の中では邪魔モノ扱いされた老恐竜たちに手を差し伸べたりしてリーダー
と敵対していきます。しかし、彼らの天敵、肉食恐竜ティラノザウルスとの勇気
ある闘いのなかで彼が最終的にリーダーとして認知され、そして長い旅の末、異
変に影響されなかった土地にたどり着き、ひとときの幸せを得てストーリーは終
了します。

左;ティラノザウルスに立ち向かう草食恐竜たち 右;新天地で産まれた新しい命

もちろん私たちはその後、最終的に彼らが絶滅した事を知ってはいますが、ラス
トで一緒に旅をして来たいろんな恐竜たちの卵が次々に孵っていくシーンは、そ
れまでのエピソードが苦難を極めていただけに彼らには別の未来も用意されてい
たのではないかと思ってしまうほど感動的です。このいかにもディズニーストー
リー的なハッピーエンドもなかなか見応えがあるのですが、やはりなんといって
もこの映画の見どころは、全世界のあちこちでロケをして収めた美しい自然の実
写の光景に、CGで合成された恐竜たちが配置されて中生代が再現される、この
映像の素晴らしさでしょう。アニメとも違うし、といって完全な実写特撮とも違
うこの超近代的なSFXは一見の価値ありと思いますよ。

もし機会があればぜひ、どんな世代の方にも見ていただきたい映画の一つだと思
います・・・