<廃人日記外伝(10)>

ノートパソコン用外付けHDD


うちのノートパソコンはPanasonicのレッツノートCFです。もうすでにひと時代前のマシンになったとは言え、まだまだ普通に使えるマシンですが、HDDが30GB(実際に使用できるのは25GB)と小さいのが悩みの種です。またせっかくTrueImege7.0を導入したのに、HDD環境をバックアップできるスペースも欲しい。ということで、3.5inch外付けUSBケースを用いて自宅に余っているIDEHDDをノート用外付けHDDに転用しようと思いました。

購入してきたのはCenturyの「スーパーコンパクト3.5」(ASC-35U2)です。

箱とパッケージ中身です↓





これに、かつてメインマシンで入れていたIBM製40GBHDDを押し込みました


外付けCD・DVDを作成したときに導入したUSB2.0カードを使ってこれをノートに繋げると、WindowsXPのノートでは何も困難なく認識され、管理ツールのディスクの管理を用いて、領域解放→NTFSで再確保→フォーマットで40GBのデータ領域を作成した後、TrueImage7.0でそこへノートのHDDのメインCのイメージを作ってみました。↓



これでノートマシンのクラッシュにも安心です(^^)//