(13)BIOSの復旧方法(実践編)

ここに至る掲示板ログはこちら

先日J:COM開通の片手間に、modbin6で隠れ設定をONにしたbiosをアップデートしようとした時に、BIOS設定をデフォに戻すのが面倒で設定をカスタムしたままBIOSアップデートしたら、起動不能になりました。やってる事自体が、かなりヤバイ事なのに、そういう意識が麻痺してるんですかねぇ...片手間でやっちゃいかんですね。(最近仕事が忙しくて、全然PC弄れなかったんで、やりたい事がたまってたんですよ。)で、結果を言うと見事に復活させる事ができました。その手法を説明しましょう。

BIOS飛んだマザー:EPoX EP-9NDA3J
AwardBIOS(4Mbit-ROM,BIOSイメージ512KB)
nForce3 Ultra,Athlon64 3000+(Venice)

復旧に使用したマザー:MSI 845Pro
AMIBIOS(2Mbit-ROM,BIOSイメージ256KB)
i845(SDR-SDRAM),Pentium4 1.8GHz(Socket423)

使用したフラッシュツール:GIGABYTE @BIOS
(Version1.10a,B05.1026.1)

手順:
1.P4マザー(2Mbit-ROM)でWin2k起動
2.2Mbit-ROMを抜く
3.焼きたい4Mbit-ROMを刺す
4.@BIOSで焼く
5.ROMを元に戻す

まず最初に、DOS起動でAMIFLASHもAWDFLASHも試しましたがダメだった事を明記しておきます。ついでにBIOSイメージはlzh圧縮されてて、それを解凍したら128KBのBIOSイメージが出てきて、それを焼こうとしたけどダメだった事も付け加えておきましょう。どうも復旧に使用したマザーが2MbitなBIOSだったのが理由だと思うのですが、/fを付け問答無用に焼こうとしてもダメでした。
次に、ハードの制御がBIOS依存のDOSではダメなのかもと考え、Windows上から他メーカーマザーでも動くGIGABYTEの@BIOSを試してみる事にしました。そしたら実にすんなり書き込む事ができました。なんでこんな大騒ぎしているかというと、容量の小さいROMを搭載したマザーで、チップセットもメーカーも世代も違うモノを使ってBIOS復旧を成功した例を私自身web上でも見た事が無いのです。いや確かに@BIOSの話は他所から見つけた情報ですが、そこでも2Mbitマザーで4Mbitは出来るかどうか分からないとされていました。4Mbit-ROMは最近のマザーでしか使ってないので、余計にそうなのかもしれませんけどね。

と言うわけで、まとめてみるとこんなカンジです。

ちなみにEP-9NDA3JのBIOSイメージは、***1.binとなっているモノを
さらにlzh解凍したら、128KBの***2.binファイルになりました。
(***1と***2は別名です。)
つまり、実際は1Mbitしか使ってないようです(爆)
それにAward6と言われるもんは、***2.binはmodbin v4.50.80cで開けたから
ただ単にlzh圧縮をサポートしただけかもしれません。



<参加者の感想>

Aさん:

 なるほどねぇ。
 Windowsに行ってしまえば、ROMは無用の長物ですから、加工自由ちゅうことですね。
 4Mbit ROMでも今だ半分しか使ってないってことは、ADRS Hi PinをUP/DOWNすれば、DUAL BIOSにも出来る訳だ。
 そーいや、Z80時代にEP-ROMソケットでEP-ROM焼いたっけな(笑)
 最近は、ズボラで必要に迫られないとBIOS UPしないもんな。

Bさん:

凄いっすねぇ〜! 
目から鱗ってなぁ〜この事ッス。

WinからのBIOS焼きは少々バカにしてたんですが・・・考え方変わりましたです。

Cさん:

とても参考になりました〜♪

異機種マザーでBIOS復旧する方法の決定版になりますね。
そっこーで@BIOSをダウンロードしておきました(^_^)

あとDOS版BIOS焼きツールだとUniflashというのが自由度高いそうです。
awdflash等で/fつけてもダメな場合でも、これだと焼けるらしいです。
私は使いこなしてないですが、よっちゃんがUniflash使いのプロですね。